社会人だからこそ合宿免許

みなさんは運転免許証をもっているでしょうか。
地方の車社会に住む人であれば、ほとんどが運転免許証をもっていると思います。運転免許証と自家用車がなければ生活ができない場合が多いからです。

しかし、都市部では車がなくても困らない人も多いため、運転免許証を持っていないという人もたくさんいます。



電車やバスなどの交通網が発達していますので、車を使用しなくとも移動が出来てしまうのです。

それならば、都市部に住む人にとって運転免許証は無用の長物なのでしょうか。そんなことはありません。身分証として使えたり、旅行先でレンタカーを借りれたり、運転免許証をもっていればさまざまなメリットがあります。しかし、歳をとってから免許証をとるのは大変です。
物覚えも悪くなってきますし、時間も作りにくいものです。

そのような場合におすすめなのが合宿免許なのです。



合宿免許とは簡単に言うと、運転免許の教習を宿泊施設に滞在しながら集中して受ける方法です。普通に教習所に通うよりも短期で免許取得が可能なのが一番のメリットになります。

最短の場合、二週間有給を取れれば免許が卒業できることもあるのです。
短期集中して覚えられるため、前に覚えたことを忘れてしまうリスクも少なくなります。

合宿費の中に宿泊費や食事代も含まれていることが多く、観光地などで合宿をすればちょっとした旅行気分も味わうことができます。



社会人だからこそ、これから免許を取得するのであれば合宿免許を検討してみるべきかもしれません。